大工道具

愛着ある大工道具を紹介します。

現在では道具も進化し、電気を使った便利な物が主流になっています。
しかし、古くから伝わる大工道具。使用するだけでも技術が必要な物もありますが、手作業ならではの道具の良さ、また完成度の高い拘りの結果を生むには、欠かせない物もあります。


◆様々な鉋

南京鉋
南京鉋
丸鉋
丸鉋
名栗鉋
名栗鉋
反り台鉋
反り台鉋
内丸反り鉋
内丸反り鉋
内丸鉋
内丸鉋
鉋
際鉋
際鉋
脇取鉋
脇取鉋
決鉋
決鉋
ごとく鉋
ごとく鉋
相決鉋
相決鉋
小穴突鉋
小穴突鉋
元市決鉋
元市決鉋

◆槍鉋
槍鉋
現在では、台に取り付けられたカンナが主流ですが、古くは槍のようなカンナが使われていました。
槍鉋で木を削る
仕上げは現在のカンナには及びません。

◆留め切り鋸 胴付鋸 
留め切り鋸
木目に対して斜めに切る。
西条市の平田刃物店による特注品
(そこには石堂、鉄之助などの名道具がありました。)

◆墨壺
墨壺
欅製の源氏型墨壺です。
弟子の時代(昭和50年代)自分の手のサイズに合わせてオーダーしました。

◆仕上げ砥石
砥石
割れ止めのために、小口に布を巻き漆を塗りました。
左、内曇り(京都産)
右、巣板(京都産)